サンケイスポーツセンター イメージ画像
 埼玉県三郷市の有料グラウンドです。33万㎡の敷地に31面の野球場、1面のラグビー場、2面のサッカー場など、首都圏屈指の規模を持つ一般公開グラウンドです。
■利用申し込み&グラウンド状況確認
TEL048-952-3321 〒341-0034 三郷市新和4-527
公式HP:http://sankeisc.sakura.ne.jp/

更新情報

 三郷周辺の江戸川水位は昨晩から急速に下降し、18日朝の時点では、一部グラウンドを除きグラウンドの冠水はほぼ解消しましたが、内外野のあちこちに水たまりが残っていました。 午前中は時々晴れ間が覗いていました。このまま乾いてくれれば良いのですが、午後からは小
『グラウンドの冠水はほぼ解消しました』の画像

 雨こそ降らないのですが、どんよりとした曇り空が続いています。 グラウンドの冠水は徐々にですが水が引き始めています。これで、日差しでも出てくれれば、グラウンドのコンデションも一気に改善するのですが、なかなかそうはいかないようです。 冠水を免れたA地区のグ
『徐々にですが水が引き始めました』の画像

 17日午前8時頃に雨はやっと上がりましたが、江戸川の水位はなかなか下がらず、冠水被害の大きかったB地区から上流のグラウンドは、まだ水が引いていません。 一方A地区は比較的良好な状態を保っており、芝刈り作業を開始しています。 予報によれば、8月に入って連続
『冠水グラウンドの水が引くには少し時間が必要です』の画像

 16日朝から始まったグラウンドの冠水範囲が、午後にはさらに広がりました。B地区から上流のC、D地区では、6割から7割がた水に浸かった状態になっていました。A地区については、この日夕方まで冠水は免れています。 しかし、三郷地域の雨は降ったり止んだりの状態が
『16日午後になって、さらに冠水が広がりました』の画像

▲D地区36番、38番グラウンド。奥の方は池のようになっていました 8月9日の冠水から1週間。ようやく仮設トイレやバックネットなどの再配置作業が終わったばかりだというのに、15日の豪雨で江戸川が増水し、再び冠水しました。 江戸川上流の栗橋の水位は下降に向かって
『昨日の豪雨で再び冠水しました』の画像

本日13日(日)グラウンドは一部を除いて使用できる状態です。昨日の雨の影響で一部グラウンドは乾きが遅い場所があります、来場されるお客様はクラブハウスに電話確認の上来場してください。お客様のご来場を従業員一同お待ちしています。(c)

 台風5号による冠水は、ほぼ収まり、グラウンドでは復旧作業を進めました。明日11日からは3連休、お盆休みも含め15日までの5連休というところも多いようです。 10日はどんよりとした曇り空が広がり、グラウンドの冠水はほぼ解消したものの、乾くまでには至っていません。
『明日11日から3連休へ向け復旧作業を行いました』の画像

 大きな池のようだったグラウンドの水が引き、いつもの姿を見せてくれました。とはいえ、昨夕ゲリラ豪雨が30分ほど続いた影響もあるのでしょうか、一部のグラウンドには大きな水たまりが残ったままの状態です。 台風5号の通過に伴い、異常な暑さとなった昨日のようなお
『グラウンドの水は概ね引きました』の画像

 9日朝から、江戸川の増水によりA地区の一部を除くグラウンドが冠水しました。 この日は朝から晴れ上がったのですが、台風5号による上流地域への豪雨のため、江戸川の水位がぐんぐん上昇しました。このためB地区より上流部分はほぼ全面的に冠水。下流部分も最下流のラグ
『今年初めて江戸川の増水により冠水しました(2)』の画像

 台風5号が本州を通過した8日、グラウンドは冠水しておらず、ホッと胸を撫で下ろしました。 ところがそんな喜びも束の間、上流の水位はドンドンと上昇し、時間差をおいて冠水することが懸念されました。▲冠水したS1、36番、38番グラウンド周辺 残念なことにこの予想は
『上流の増水により一部グラウンドを除き冠水しました』の画像

 7日は台風5号の接近に伴う冠水に備え、今シーズン初めてグラウンド内に設置しているトイレやスコアボードなどの撤収作業を行うとともに、バックネットの支柱を倒し、ネットなどを外す作業を行いました。 この日、三郷地域は朝から、強い日差しが降り注ぎ、30度を越える
『台風5号の接近に備え、トイレや備品などの撤収作業を完了』の画像

本日6日(日)全グラウンド使用できる状態です。本日も気温が高い予報が出ています、水分補給はこまめにおこない熱中症対策をしてください。お客様のご来場を従業員一同お待ちしています。(c)

 8月に入ってから梅雨が戻ってきたかのような空模様が続いています。 しかし、幸いにもグラウンドは良好な状態を保っています。週末も曇りがちの天気のようですが、大量の雨が降らない限りは、通常通りのプレーができそうです。 4日には、各グラウンドのライン引きや、草
『8月初めての週末、準備は整っています』の画像

 31日、グラウンド上空は青空が広がり、夏本番の暑さとなりました。29、30の土日は全般的に曇り空で、時折雨もぱらつく空模様でしたが、なんとかご利用いただけることができました。 31日の午後にクラブハウスからグラウンドに出てみると、グラウンド内野部分はすでに乾燥
『夏本番です!』の画像

本日30日(日)全グラウンド使用できる状態です。 朝5時現在のグラウンド状況です。 本日の天気も変わりやすい予報が出ています。使用される時間が遅い方は、クラブハウスに確認の電話をしてから来場してください。お客様のご来場を従業員一同お待ちしています。(c)
『本日30日(日)全グラウンド使用できる状態です。』の画像

 28日、グラウンドの上空は久々に青空が広がりました。グラウンド整備も順調に進み、今月最後の週末へ準備が整いました。 この日は朝は雲が目立つ空模様でしたが、昼前後には青空が広がり、気温も上昇しました。週末に使用する予定のグラウンドにラインを入れたり、外野部
『今月最後の週末へ準備が整いました』の画像

 26日は前日深夜の雨の影響で多くのグラウンド内野部分に水たまりができました。これまで雨が少ない状態が続いていたために、久々にグラウンドに水たまりがあるのを見たような気がします。 27日朝には、グラウンドの水たまりはすべて解消。グラウンドにとっては、よいお湿
『水たまりが解消し、週末へ準備急ピッチ』の画像

 梅雨は明けたというのに、三郷地域は不安定な空模様が続いています。25日朝、グラウンド上空は、どんよりとした雲に覆われていました。しかし、昼前後には時折晴れ間が見えましたが、夕方には再び厚い雲に覆われるというような、安定しない天気でした。気温も依然高い状況
『不安定な空模様が続いています』の画像

 学校が夏休みに入った21日、三郷地域も文字通り夏本番の日差しが降り注ぎました。 天気予報によると、来週の月曜日までは傘マークはなく、よい天気が続きそうです。同時に気温が依然と高い日が続く予想も出ています。 21日はグラウンドにラインを引き、外野部分の草刈り
『週末の準備は万端です。ご利用の際には万全な熱中症対策を』の画像

 気象庁が19日午前、「中国、近畿、東海、関東甲信の各地域で梅雨が明けたとみられる」と発表しました。関東甲信では平年より2日早く、昨年より10日早い梅雨明けだそうです。 関東地方のほとんどの公立学校では21日から夏休み。夏休み直前の梅雨明け宣言となりました。 し
『梅雨が明け、本格的な夏到来です』の画像

 おなじみのA地区出入口の看板です。サビが目立つようになっていました。いつか作り直そうと思いながらも、鉄板加工が大変な為、先延ばしのままになっていました。 ところが最近ホームセンターで「アルミ複合材」という加工がしやすい材料を見つけました。これは楽チンと
『A地区出入口の雰囲気が少しだけ変わりました』の画像

本日16日(日)全グラウンド使用できる状態です。本日も気温が高くなる予報が出ています、ご来場のお客様は水分補給をこまめにおこない熱中症対策をしっかりしてください。お客様のご来場を従業員一同お待ちしています。(c)

↑このページのトップヘ