サンケイスポーツセンター イメージ画像
 埼玉県三郷市の有料グラウンドです。33万㎡の敷地に33面の野球場、ラグビー場、サッカー場などを持つ、首都圏最大級の一般公開グラウンドです。
■利用申し込み&グラウンド状況確認
TEL048-952-3321 〒341-0034 三郷市新和4-527
公式HP:http://sankeisc.sakura.ne.jp/

グラウンド紹介

 おなじみのA地区出入口の看板です。サビが目立つようになっていました。いつか作り直そうと思いながらも、鉄板加工が大変な為、先延ばしのままになっていました。 ところが最近ホームセンターで「アルミ複合材」という加工がしやすい材料を見つけました。これは楽チンと
『A地区出入口の雰囲気が少しだけ変わりました』の画像

 長年の懸案だったグラウンドに設置しているトイレの全面水洗化が、このほど完了しました。 サンケイスポーツセンターではこれまで、グラウンドを利用していただく方々に、より快適にご利用いただけるように、トイレの水洗化を進めてきました。今月4日に非水洗だったA地区
『グラウンド設置トイレの水洗化が完了』の画像

サンケイスポーツセンターで23日、一風変わった実験が行われました。(E)コンサートなどでよく使われる装置で」一瞬大きな火柱が現れるファイヤーストームという装置の燃焼実験です。 舞台などの特殊効果を手掛ける(株)特効が、関係機関の許可を得て、スポーツセンターの
『河川敷に火柱?!!』の画像

  本日21日午後2時頃の撮影です。まだ水溜りは残っていますが、今朝の状態よりはずいぶんと乾いてきました。まだ内野が緩いグラウンドもありますが、明日利用予定があるグラウンドは何とか使えそうです。  緩いグラウンドも明後日には乾いてくれるのではないかと期待
『水溜りは小さくなっていました』の画像

 12月6日の午後2時頃のグラウンドの風景です。  季節外れの暖かさが続き、晩秋の気分でいましたが、芝の色も空の色も初冬の訪れを感じさせてくれます。   雑用のため一旦クラブハウスに戻り、再び4時頃にグラウンドへ向かうと陽が傾き始めていました。  電動アシスト自
『いつのまにか冬の空になっていました』の画像

   ラグビー場横の駐車場から見た3番グラウンドです。写真ではわかりにくいのですが、排水用の側溝があります。お車の脱輪などにはくれぐれもご注意ください。    側溝は他のグラウンドにもありますので、外野守備をされる際は、あらかじめ位置をご確認下さい。

   担当者(W)は4月の着任以来、デスクワーク作業を中心に行っていますが、毎週金曜日はグラウンドで整備補助を行っています。平たく言えばゴミ拾いですが、お客様に少しでも気持ちよくプレーをしていただきたいと、一生懸命やっています。    毎週やっているとゴ

   サンケイスポーツセンターの31番グラウンドと多目的広場の間にこんな建物があります。    雨の日の午後、晴れ始めた空を撮ろうとカメラを向けたのですが、いったいどんな目的で建てられた施設なのか気になりました。      土手に上がって見るとこんな形

 サンケイスポーツセンターの36番グラウンド付近に奇妙な橋が見えます。    写真を撮影した日時は異なりますが、右手が千葉県流山市、左手が埼玉県三郷市側です。下から見上げると三角形の断面構造がよくわかります。  橋の終端は上の写真のようになっています。

 サンケイスポーツセンターの36番グラウンド付近に奇妙な橋が見えます。    写真を撮影した日時は異なりますが、右手が千葉県流山市、左手が埼玉県三郷市側です。下から見上げると三角形の断面構造がよくわかります。  橋の終端は上の写真のようになっています。

   昨日と同じ7年前の試合のワンシーンです。現在のグラウンドのベンチはコンクリート製ですが、当時はまだ木製でした。  さて、バッターボックスに立つのは当時のバイト君。危なくデッドボールになるところを、抜群の運動神経でよけています。  ボールが当たらなくて

 ブログのネタに困り、古い写真を漁りました。これは今から7年前、当時在籍していた関連会社の社内野球大会のワンシーンです。  バッターボックスに立つのはN君。責任感の強い彼は、システムエンジニアという多忙な身ながら、毎年チームキャプテンを買って出て、メンバ

 グラウンドにキジが生息していることは「グラウンド横の土手にキジがいました!」でお伝えしました。  5月末に土手の雑草整理が始まり、キジと出会う回数が増えました。隠れる場所が少なくなってストレスを感じそうなものですが、以前に出会った時よりも堂々としていま

<p> グラウンドにキジが生息していることは「<a href="http://sankei-sc.iza.ne.jp/blog/entry/3066000/">グラウンド横の土手にキジがいました!</a>」でお伝えしました。</p> <p>&nbsp;</p> <p style="text-align: center;"><img width="500" vspace="0" hspace="0" bord

 グラウンドにキジが生息していることは「グラウンド横の土手にキジがいました!」でお伝えしました。    5月末に土手の雑草整理が始まり、キジと出会う回数が増えました。隠れる場所が少なくなってストレスを感じそうなものですが、以前に出会った時よりも堂々として

 グラウンドにキジが生息していることは「グラウンド横の土手にキジがいました!」でお伝えしました。    5月末に土手の雑草整理が始まり、キジと出会う回数が増えました。隠れる場所が少なくなってストレスを感じそうなものですが、以前に出会った時よりも堂々として

 グラウンド内に全部で3カ所、下の写真のような「占用許可看板」が立っています。    この看板は、サンケイスポーツセンターが、国有地である河川敷を占用する許可を、国土交通省江戸川河川事務所三郷出張所様から受けていることを示しています。        占用

 休日にセンター内をお散歩しました。       排水機場先の風景。抜けるような青空に思わずパチリ。スケッチに挑戦しようかな?      センター内にはたくさんの鳥たちがいます。もう少し長い望遠レンズが欲しいところです。      先日キジが飛び立

   今朝の三郷は、朝方に少し小雨がぱらつきましたが、9時過ぎには陽が射し始め、気持ちの良い一日となりました。見慣れた排水機場もすてきに見えます。  グラウンドを巡回すると、スタッフのO君が軽トラックでグラウンド整備用の「グラウンドマット」という金網を引っ張
『グラウンド横の土手にキジがいました!』の画像

 サンケイスポーツセンター前の土手にある、緊急用河川敷を紹介した看板です。 砂利敷きの緊急用河川敷道路は駐車できません  緊急用河川敷道路は、大規模災害発生時の河川管理の緊急復旧工事や、避難民の救援活動や一般被災地の復旧活動のための道路です。このため、一般
『駐車は専用駐車スペースへ』の画像

↑このページのトップヘ