サンケイスポーツセンター イメージ画像
 埼玉県三郷市の有料グラウンドです。33万㎡の敷地に33面の野球場、ラグビー場、サッカー場などを持つ、首都圏最大級の一般公開グラウンドです。
■利用申し込み&グラウンド状況確認
TEL048-952-3321 〒341-0034 三郷市新和4-527
公式HP:http://sankeisc.sakura.ne.jp/

グラウンド整備

 9日朝から、江戸川の増水によりA地区の一部を除くグラウンドが冠水しました。 この日は朝から晴れ上がったのですが、台風5号による上流地域への豪雨のため、江戸川の水位がぐんぐん上昇しました。このためB地区より上流部分はほぼ全面的に冠水。下流部分も最下流のラグ
『今年初めて江戸川の増水により冠水しました(2)』の画像

 7日は台風5号の接近に伴う冠水に備え、今シーズン初めてグラウンド内に設置しているトイレやスコアボードなどの撤収作業を行うとともに、バックネットの支柱を倒し、ネットなどを外す作業を行いました。 この日、三郷地域は朝から、強い日差しが降り注ぎ、30度を越える
『台風5号の接近に備え、トイレや備品などの撤収作業を完了』の画像

 暑い日が続く中、三郷地域は13日も30度を越えました。この猛暑の中で、週末から迎える3連休の準備を着々と進めています。 梅雨明け宣言も出ないまま、グラウンドには灼熱の太陽が、連日降り注いでいます。少雨の影響もありグラウンドはやや乾燥気味で、強い風に砂が舞い
『30度越えが続く中、週末準備着々』の画像

 4日の午前中に台風3号が九州に上陸。三郷地域に最も近づくのは4日深夜から5日未明になりそうです。 4日の三郷地域は、雨こそ降らないものの、風もなく蒸し暑い状態が続いています。今年初めての台風がどの程度の影響を与えるのか、天気図とにらめっこしながら、良い状
『今シーズン初の台風がやってきます』の画像

 当ブログ担当者のE部長が代休をいただいておりますので、久々に代打で登場です。 グラウンド整備作業は機械化が進んでいますが、ライン引きと小石拾いの作業はスタッフの手作業に頼らざるをえません。 ライン引きは主に週末の作業ですが、小石拾いは日常的な作業です。広
『グラウンド整備の秘密兵器登場』の画像

 2日の三郷地域は、雨こそ降らなかったものの、時折黒い雲が上空を覆う不安定な天気でした。 グラウンドは依然乾燥した状態が続いています。2日は強風の影響で、時折砂埃が舞い上がる状態でしたが、週末の準備は整っています。 予報によると土日はいずれも晴れ時々曇りの
『グラウンドは乾いた状態が続いています』の画像

 4月に入って2回目の週末を迎えます。サンケイスポーツセンター前の桜は満開寸前、菜の花の黄色と桜の花のピンクが鮮やかな季節が今年もやっていきました。クラブハウス前の桜並木は今週末には満開を迎えそうです 7日の三郷地域は雨が時折降る空模様です。幸いグラウン
『春はきたものの…』の画像

 3月も間近に迫り、急ピッチでグラウンド整備が進んでいます。 強い風の日が続き、グラウンドの計測も難航する中、3月の本格的シーズン開幕へ向け、慌ただしく準備が進んでいます。 A地区はほぼグラウンドの計測も終了。開幕への準備は整っています。残るB、C、Dの
『いよいよ本格的なシーズンが始まります』の画像

 17日、グラウンドには朝から春一番が吹きました。グラウンド貸し出しも、19日にA地区で5面のグラウンドを予約していただいています。これを皮切りにサンケイスポーツセンターのシーズンがスタートします。 17日も強い南風の中、グラウンドの整備は着々と進みました。ス
『いよいよシーズンが始まります』の画像

 いよいよ2月も半ば。各グラウンドでは、間近に迫った野球シーズンへ準備が急ピッチで進んでいます。 D地区の30、31番グラウンドでは、今年度から始まったバックネット改修工事で完成したバックネットが新たにお目見えしました。写真は30番グラウンドのバックネットです31
『シーズン直前、急ピッチで進む準備作業』の画像

 2月を迎え、シーズン到来まで1カ月を切りました。各グラウンドでは、整備作業が急ピッチ進んでいます。 また同時に、長年の懸案だったバックネットの改修や川の水の侵入を防ぐ設備などの整備を少しずつですが進めています。 A地区下流のグラウンドでは、これまで水位が
『来シーズンに向けた準備を着々と整えています』の画像

 A地区では、メンテナンス用に運び込まれた土が、すべてのグラウンドに広げられ、たくさんあった土の山がすっかりなくなりました。 25日は前日に続き北風が強く吹きました。A地区のグラウンドでは午前中は耕運作業やトラクターによるブラシかけなどを行い、午後からはタ
『A地区のグラウンドにはすべて新しい土が入りました』の画像

 寒波が日本列島をすっぽり覆う中、三郷地域は晴れの日が続き、グラウンドのメンテナンス作業は着々と進んでいます。 23日は朝から青空が広がったのですが、グラウンド内は肌を刺すような冷たい北風が強く吹いていました。この寒さの中、スタッフは完全防寒のいでたちで、
『メンテナンス作業着々と進んでいます』の画像

 晴天が続いている三郷地域。グラウンドでは、重機を使った本格的なメンテナンス作業が始まりました。 先週末にすべての地域に新たな土が搬入されました。各グラウンドでは、パワーショベルやホイルローダーなどの重機で内野部分に土を入れたり、低くなって水の溜りやすく
『本格的なグラウンドメンテナンスが始まりました』の画像

 グラウンドでは、来シーズンに向けて、大型ダンプによるメンテナンス用の新たな土の搬入が続いています。 12日は前日に引き続き土の搬入が行われ、大型ダンプ約50台分の土が運び込まれました。土は各グラウンドごとに、50~60㎥が運び込まれ、重機で内野部分に均等に広げ
『次から次へ新たな土が運び込まれています』の画像

 11日、青空が広がったグラウンドでは、メンテナンスのための土の搬入が始まりました。 現在、グラウンドはメンテナンス作業のため貸し出しを2月末まで全面中止していますが、いよいよ本格的なグラウンド整備に向け、必要な土を大型ダンプで運び込む作業が始まりました。 
『土の搬入が始まりました』の画像

 10日の三郷地域はスッキリと青空が広がり、クラブハウス前の土手の上から、筑波山やスカイツリー、富士山がくっきりと見えました。 グラウンドでは、雨水の排水用溝の整備や、グラウンド内に土を入れる前段階として、低い部分のチェックを行っています。 9日の昼頃まで降
『本格的メンテナンスへ向け一歩一歩』の画像

 7日は立冬。三郷市のグラウンドの風も日に日に冷たくなってきました。グラウンド周辺の水辺の雑草やグラウンドの緑もうっすらと茶色になって冬色を濃くしています。グラウンドでも冬の作業が始まりました。 7日は、夏の増水時期に土砂がたまった排水用水路の再掘削を行い
『いよいよ冬の到来です』の画像

  26日朝8時過ぎの撮影です。ほとんどのグラウンドは冠水状態を脱し、水たまりが残る程度に回復しましたが、一部のグラウンドはまだ冠水状態です。 一見乾いているように見えるグラウンドも油断大敵です。うっかり芝生の上を奥まで走ったところ、スタックしそうになりま
『ほとんどのグラウンドの水が引きました』の画像

18日午前中は、時折小雨がぱらつくものの、週末へ向けたグラウンド整備を始めました。同日午後からも不安定な天候が続いています。グラウンド状態は午前の段階では良好ですが、週末へ向けたお天気が気になります。今後のグラウンド状況については、当ブログかお電話(048-9
『週末のお天気が気になります』の画像

↑このページのトップヘ