サンケイスポーツセンター イメージ画像
 埼玉県三郷市の有料グラウンドです。33万㎡の敷地に33面の野球場、ラグビー場、サッカー場などを持つ、首都圏最大級の一般公開グラウンドです。
■利用申し込み&グラウンド状況確認
TEL048-952-3321 〒341-0034 三郷市新和4-527
公式HP:http://sankeisc.sakura.ne.jp/

グラウンドの仲間たち

 週末のご利用に備え、今週もグラウンド清掃に出かけました。午前中はB地区から北を巡回しました。 写真は一番上流に位置する41番グラウンドです。芝が緑色を取り戻し、青空の下、とても気持ち良く作業ができました。  こちらは30番グラウンド。向こうに見える鉄橋はつく
『よい週末となりますように』の画像

 三郷では午後4時頃から雨が降り出しました。写真はその直前のA地区の様子です。 内野は良好な状態で、右手奥の3番グラウンドでは、グラウンドマットで整地作業をしていました。 昨日の水溜りは姿を消していました。せっかく良い状態になったのに、雨が降り出したのは残
『4時頃から雨が降ってきました』の画像

 三郷の排水機場前に黒い水鳥が遊んでいました。カモかなと思いながらシャッターを押して事務所へ戻り、パソコンで拡大して見ると、どうもカモとは違う鳥のようです。 ネットで「黒い鳥」と入力して検索すると、「オオバン」という鳥がヒットしました。もしそうならば、埼
『オオバンという珍鳥でしょうか?』の画像

   ある日グラウンドへ降りて行くと、場内の案内看板にチョウゲンボウが留まっていました。ハヤブサの一種ですが、カラスに追い回されるほど小型な鳥です。非常に臆病な性質でこんなに近くで見られるのは珍しいことです。  慌ててカメラを構えたところ、雑草が写り込
『チョウゲンボウに教えられました』の画像

 ジョンディアが芝を刈っていました。大したスピードが出ているわけではありませんが、ハンドルを大きく切ると大迫力です。  その男らしい姿に惹き付けられたように、ツバメたちがトラクタの周辺を飛び回っていました。実はツバメたちは草とともに舞い上がった虫を食
『ツバメに好かれるジョンディア』の画像

 クラブハウス前のA地区には18面の野球グラウンドとラグビー場が1面あり、サンケイスポーツセンターで最も広い地区です。この中の4番グラウンド付近でキジに出会いました。キジは草むらに潜んでいる事が多いのですが、たまにこうして会う事ができます。  しばらくす
『キジのカップル』の画像

   ある日の朝、グラウンドにアオサギが佇んでいました。静かに遠くを見つめるその姿は、哲学的な瞑想に耽っているように見えました。  近寄ると羽を広げて飛び立ちました。羽をバタバタとさせるのではなく、地面すれすれをグライダーのように滑空してゆきました。
『アオサギの舞を見ました』の画像

 久しぶりにグラウンドでキジさんと再会しました。カメラを向けると驚いて草むらに隠れてしまいました。そこで三輪スクーターのエンジンを切り、ファインダーをしばし覗き込んでいると恐る恐る顔を出しました。  この後再びグラウンドに出てきましたが、こちらに気が
『キジと再会しました』の画像

 グラウンドをスクーターで巡回していると、秋から冬への季節の移り変わりをはっきりと感じます。   そんなある日、A地区のグラウンドでアオサギに出会いました。最近は出会うことがなかったので、南へ渡ってしまったのかと思っていたので、驚きました。  「そんなとこ
『冬色のグラウンドでアオサギに再会しました』の画像

     朝のグラウンドでヒバリの群れが餌をつついていました。植物食嗜好が強い雑食で、主食は種子だそうです。    カメラを向けると警戒したのか、顔を上げてこちらの様子をうかがい出しました。      トサカのように見えるのは冠羽という羽なのだそうです
『グラウンドの仲間たち(27)ヒバリさんの朝食』の画像

   日が暮れかけたA地区のグラウンドに、チョウゲンボウとカラスが一緒にいました。チョウゲンボウが鳩より少し大きいくらいの鳥だということがわかりやすい構図です。「おやこれは珍しい」とカメラを向けると、カラスがチョウゲンボウに対して威嚇を始めました。  
『グラウンドの仲間たち(26)負けるなチョウゲンボウ!』の画像

     正確にはグラウンドの仲間ではなく、グラウンドそばの仲間です。    クラブハウス至近の製鉄所前バス停から三郷駅へ向かおうとしていた時、大場川に鵜を見つけました。それもつがいです。    写真ではカモにも見えますが、息をグッと止めて水に潜り、しば
『グラウンドの仲間たち(25)鵜ッ!?』の画像

   久しぶりにチョウゲンボウと再会しました。実は明るいうちに撮影し、シメシメと喜んで事務所に戻ったら、メモリーカードが入っていないことに気づきました。慌てて暗くなり始めたグラウンドに向かい、撮影に成功したものです。隣のグラウンドで待っていてくれました。
『グラウンドの仲間たち(24)チョウゲンボウ再び』の画像

   22日(火)のグラウンド風景です。40番と41番の間の通路から外野グラウンドにかけて、大きな水たまりができていました。ライト側になにかいます。      目をこらしてみるとシラサギでした。写真では川にしか見えませんが、間違いなく1塁側外野部分です。守

   この話も台風襲来前の11日ことです。    31番グラウンド横の駐車場で、久しぶりにキジと出会いました。台風18号で冠水してから姿を見ていなかったので心配していましたが、無事だったようです。      下の写真は今年7月にラグビーグラウンドで出会った

 台風襲来前の14日、ラグビー場の近くの4番グラウンド側溝付近でシラサギを見つけました。白く美しい羽が場違いのように感じられます。      自転車でそーっと近づくと3羽いました。      ネットで調べると、シラサギは正式な名称ではなく、ダイサギ、チ
『グラウンドの仲間たち(21)シラサギの群れに出会いました』の画像

   ピントが甘くてスクープ写真のようでスミマセン。かなり距離があったので、これもスズメかヒバリだろうと思いながら、念のためにシャッターを押しました。      ネットで調べるとハジロコチドリという鳥に似ています。いかがでしょうか。    チドリの歩

 ブログを読んだ友人から、「グラウンドの仲間たち(18)フォトジェニックなお殿様」は、トノサマバッタではなくイナゴではないの?というご指摘をいただきました。イナゴの写真を画像検索すると、まさにドンピシャでした。      ウィキペディアによれば、イナゴと

     グラウンド復旧作業に追われている金曜日、小鳥の集団が遊んでいました。スズメかヒバリだろうと思いながら一応シャッターを押してみました。      写真をアップして、休んでいる姿を見るとなんだか笑えます。真面目にスケッチしたらデッサンが狂っている

   またバッタの写真です。虫嫌いな方はゴメンナサイ。    一日の作業を終え帰り支度を整えていると、事務所の中からS君が 「うわぁ、こんなヤツ連れ込んだの誰ですかあ」とうれしそうに言いながら出てきました。手に持っていたのがこのバッタです。      i

↑このページのトップヘ